「朝鮮学校バカ学校!早く国へ帰れ!」

【このブログを読む前に】の記事は必読です。

「在日朝鮮人」としての過去

まぁたしかに私のお爺ちゃんは「“強制”連行」でも「“強制的な”創氏改名」でもなかったそうね。命をつなぐためには数少ない選択肢の中から選んで生きていかなきゃならなかったんでしょう。状況的にもメンタル的にも「支配されていた」わけだけど、はたしてそれを我々在日が「強制」と呼んでしまっていいものなのか。朝鮮学校の教科書に書いてあること、日本学校の教科書に書いてあること、ネットに書いてあること、テレビ番組から流れてくる情報、本に書かれていること。理解はしてるつもりだけど、研究をしてきた人のうんちくだけじゃなくて、もっと生の声が聞きたい。在日一世の方へのインタビューが掲載されているブログを見つけた。初めて「強制」について考えた。なんで自分は今になって向き合ってんだ。国際高校で経験したこと、出会った人たちのおかげで向き合うきっかけがあったというのに、なんで手放したんだろう。お爺ちゃんからもっと話を聞きたかったな。

 
f:id:mockinroll:20160108103231j:image
   
高校三年生の時、一度だけ「異文化理解」という授業でC組/D組限定で、私が講師になって「朝鮮学校と在日朝鮮人」について話したことがある。後日、授業を受けた生徒の感想シートを担任からもらったんだけど、最近部屋を掃除していたら感想シートがまるまるでてきて、読み直してしまったてさ。
 
「私は在日朝鮮人として生まれました。朝鮮学校の思想が正しいと断言することはできませんが、私は朝鮮学校に感謝しています。在日朝鮮人として日本で生きていく上で知っておくべきことは朝鮮学校でしか学べないからです。先祖の方々が守り続けてきたものを守るためにも、在日朝鮮人として堂々と生きていくことが今の私たちにできることだと思います。
ーーーーーーーーー
最後に。私は日本人でも韓国人でも朝鮮人でもない、在日朝鮮人です」
 
彼女は朝鮮学校へのコンプレックスを抱えながらも、都立国際へ入学し、そのなかで在日朝鮮人としてどう生きていくかをよく考えていた。朝鮮学校って幼稚園から大学まであるんだけど、幼稚園〜大学を全部ストレートに通う人には2タイプの人間がいる。
 
「自分と向き合いながら在日朝鮮人としての未来を真剣に考えているタイプ」
「友達最高!離れたくない!同胞最高!タイプ」
 
私は後者の人間が死ぬほど嫌いです。なんのための民族学校だと思ってるのか。なんのために朝鮮学校があって、なんのために日本で生まれ育つ私たちが通ってるのか理解してない人たち。本当にいるんだよね。私はこの環境に留まるのは絶対無理!もっと広い世界をみたい!と思って日本学校へ。映画「GO」のまんまですわな。だから朝鮮学校へのイメージはハチャメチャに悪いまま日本学校へ行ったわけだ。が、しかし。国際高校で彼女に出会って、彼女が真っ向から「在日朝鮮語」と「朝鮮語」の語学に向き合う姿を見て、朝鮮学校へのイメージがどんどん変わっていった。彼女は今、アイデンティティをいかして高校の頃に言っていた夢を叶えて活動してる(SNSで近況を見てるだけだから詳しくはわからないけど)。かっこよすぎるわ。彼女の過去、そして高校時代〜現在の姿を知った上での感想シートの読み返しだったからカナリくるものがあった。。
 
私が書いてる朝鮮学校のブログは完全に日記感覚で、暇つぶしに書いているわけだけど、次第にそうはいかなくなってしまったんだよね。他人事のように思っていた朝鮮学校での日常。記憶を掘り返して文章にすればするほど、「在日朝鮮人」である自分から目を背けることができなくなった。目を背けてたんかーい☆/って突っ込みたくなるけど、完全に他人事だと思い込むようにしてました。最低ですね。私は国籍が日本なだけで、流れる血や先祖は朝鮮人、在日朝鮮人であること。その現実からは逃げられないということに気づいてしまったわけだ。逃げようとしてたんかーい☆/
 
実際さ、考えるのめんどいじゃん。在日朝鮮人って一般的には日本で嫌われてるから。朝鮮学校を離れてからは堂々と「日本人です」って言い続けてたし。いや、嘘。「韓国のハーフだけど国籍は日本です」っていう濁し方かな。1番卑怯なやつ。あえて「朝鮮」ってワードを出さない戦法。まぁ結局仲良くなった人には朝鮮学校について話したりはしてたけど。ブログっちゅーもんは不特定多数の人から読まれるものだし、読み返せるし、どんどん広がっていくから、いろんなところから反応がある。し、反応を聞くたびに思うことが増えていく。最近は会う人に「朝鮮学校のブログ書いてる人か!」、「ブログ読んでるよ!」、「早く更新してよ!」って言葉をよくもらう。実際、こんなに読んでもらえるとは思ってなかったからめちゃくちゃビックリしてる。書くことが大好きだし、語ることも大好きだからブログはこれからも続けていく。他人事でなく、「自分の話」を伝えていく。他人事のような気持ちで書くのは朝鮮学校に通っていた自分に失礼すぎる。本当にごめんなさいだわ。「自分」を差別してどうすんだよってなった。なんか二重人格者みたいになってて笑えてきたな
 
異文化理解の感想シートを読み直してよかった、ブログを始めてよかった。じゃなかったら、完全に、朝鮮学校に通っていた過去の自分を抹消して「韓国ハーフだけど国籍は日本」って言い続けてたと思う。
 
全部自分のために続ける。その結果、誰かのためになるのならそれはそれでハッピ〜。「私は朝鮮人でも韓国人でもない、日本人であって、在日朝鮮人である」な〜〜んてわけのわかんないこと言うけど、自分がそう思ってるならそれでいいよね?!なんかスッキリした
ビバ在日朝鮮人!ビバ日本人!自分に正直であれ〜〜〜〜