読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「朝鮮学校バカ学校!早く国へ帰れ!」

【このブログを読む前に】の記事は必読です。

授業中はウルトラマンにならないと怒られる 〜カン先生の場合〜

は必読なので
よろしくお願いします!




授業中はウルトラマンにならないと怒られる ~カン先生の場合~





カン先生(♀) 
当時30代 独身
 
 

今後もこのブログで
頻繁に登場すると思うので
覚えておいてください。
 
 

カン先生は怖すぎて
私は彼女だけには
反抗したことがありません。
 
 

彼女の前では優等生を演じます。
優等生を演じなければ
フルボッコにされるからです。
 
 

彼女の優しさすらも怖かった。
(今思うとなんか申し訳ないな…。)
 
 


【カン先生とは?】
小1、小4の時の担任
・バスケ部の顧問
朝鮮学校の先生の中ではベテラン教師
・独身
・実家暮らし
・料理は上手
一度カン先生の家でパーティーをして
手料理を食べたことがあります。
本当はいい先生なのよね・・

・基本的にヒステリック
・生徒を殴りがち(マジ)
チョークを投げがち(マジ)
・機嫌いい時は、女ではなく“女子”扱いを求めてくる
例:お弁当の時間に男子に「アーンして」等
↑私たちからすると
気持ち悪いとか以前に恐怖の極み。

・目が大きすぎる
カン先生と目が合うと
恐怖のあまり動けなくなる。
・声も大きい
・怒鳴り声は世界一




これくらいにしておきますか・・・




多分
カン先生以上に厳しい先生は
この世に。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


いるわ
 
 
 
 
 
 
 
 
 


リャン先生(♂)という
奇跡の鬼教師がいるんだけど
そのお方の話は
のちのちします。







リャン先生の話すると
カン先生の話が
薄くなっちゃうからね。






今日はカン先生が主役です。
上記の赤文字
チョーク投げがち(マジ)
について話させてください。






私たちは授業中、
にならないといけません。
 
 
 
 


みなさん、
ウルトラマンといえば
どんなポーズを思い出しますか?

f:id:mockinroll:20151027183728j:plain


引用:http://topicks.jp/21724



これですよね。
まさにこれなんです。
 
 
 
 



朝鮮学校では、
授業中の挙手は



f:id:mockinroll:20151027183732j:plain






のような格好じゃなければいけません。
 
 
 


これじゃないと
マジで怒られます。




多分どこの朝鮮学校

f:id:mockinroll:20151027183732j:plain



は徹底されてたと思う。
 




~~算数の時間~~

カン先生
「この問題わかる人!」

ソ君
「ハイ!」
ウリマルカード回収の神
 
 

f:id:mockinroll:20151027183732j:plain






カン先生
「ソ君しかわからないの?
他は?」




全員
「・・・・」







カン先生、
ここで
なぜか突然ぶちギレる。
 
 
 

目が大きくなる。

 
 
 
 


カン先生
「わからなくてもなんでもいいから
手だけはあげなさい!!!!!!!!」





全員
「(ビクッ!!!!!!)」



f:id:mockinroll:20151027183732j:plain








カン先生
「はい、リ(私です)。答えて。」



※私はマジで馬鹿でとにかく勉強が嫌いでした。特に算数が死ぬほど嫌いで算数の時間になると基本的にトイレに15分こもる(こもりすぎてサンポールの匂いを今でも秒で思い出せる)か具合悪いふりをして超絶かわいそうな少女を演じるのに必死でした。



「・・・わかりません」



カン先生
「わかりませんなんて回答は誰でもできるんだよ。答えを出す努力をしろ」
 


「ごめんなさい」





いやいや、
 
 
 
 
 
目デカすぎだし
 
 
 
声デカすぎだし
 
 
 
 
 
怖すぎワロタ
 
 
 
 
 
 


カン先生
「つぎ、チェ。答えて。」




隣の席のチェは
私の幼馴染!
ムードメイカーでいいやつだけど
クラスで一番バカ



チェ
(元気な声で)わかりません!(即答)







ここでチェ以外の
クラスメイトは察したよね
 
 
 
 
 
 
 
 




ああ、終わったな










即答で
 
 
 

「わかりません」




ってやばいだろ。






さっき私が
「わかりません」
って言って
あんなに
怒られたのに。









あああ。








嫌な予感は的中





カン先生
「いい加減にしろあrかいうhふぁいどうあhばいうはふはxl★jfhすいh!!!!!!!!!!!!!!!!!!」





ヒステリック大サービス
 
 
マジでカオスです
 
 
 
 
 

そして



チョークが



勢いよく



チェのほうへ




飛んで




いきます





そしてチョークは
 
 
 
 
 
勢いよく
 
 
 
 
 
 
机の角にあたります






砕けます







破片が飛んできます







まじで信じられないと思うけど






その破片若干目に入ったからね笑い泣き
 
 
 



でも動いたら怒られるから
我慢・・・



 
 
算数の時間は本当に
悪夢だった記憶しかない。
 
 
 
お腹痛いか怒られるかの二択。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カン先生はバスケ部の
顧問でもあったんだけど、
 
バスケが
めっっっちゃ下手
なのね。
 
下手だけど熱心に
教えてくれてたのね。
 
 
 
 
で、後輩が
何回やっても
ランニングシュートを
うまくできなくて
凹んでたの。
 
 
 
そしたら
カン先生
ブチ切れちゃってww
 
 
 
 
「下手くそ!!!!!こうやるんだよ!!!そろそろ覚えろ!!!」
 
 
 
 
 
って吠えながら
ランニングシュートを
披露してくれたんだけど
 
 
 
 
 
 
 
まぁ入らなかったんだよね
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クソ笑ったわ
(心の中で)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのあと
恥ずかしそうにハニかんだ
カン先生の表情、
今でも忘れられない//
 
 
 
 
お茶目(?)な一面もある
カン先生なのでした。